敏感肌と思ったら皮膚科に相談

敏感肌には2種類あるといわれています。

乾燥肌がもとでなっているもの、乾燥に加えて植物や化学物質などの影響を受け、アレルギーを起こしいている場合の2つ。

乾燥がベースになっている場合の敏感肌は、徐々に改善しなければいけません。

デリケートで美しい肌が敏感肌だと思っている人も少なくないようですが、それは間違い。

敏感肌は少しの刺激で肌荒れ、くすみ、傷みやすい肌で、適したケアを続けてできるだけ早く卒業をしなければいけません。

一方で科学的な影響を受けている敏感肌の場合には、自分だけで判断をすると間違いのもとになるので、皮膚科に相談するのがベスト。

自分でケアをする前に、一時的に敏感肌になっているのか?それとも何らかのアレルギー体質でそうなっているのかを皮膚科に診てもらう必要があります。