中国通貨元の切り下げの狙いは?

中国の通貨である元が3回目の切り下げをされた事が経済関係の情報として注目を集めていますが、この動きにはどんな狙いがあるのでしょうか?

中国経済は一般的にはものすごい勢いで伸びているというイメージがあるかも知れないですが、実はその成長を支えるのは、決して容易な事ではありません。

バブルの警戒やインフレの警戒を常にしながらの経済成長だという事ですが、中国経済はここにきて悪化しつつある、といわれる事があります。

その悪化の応急処置として、中国は元の切り下げをしたわけですが、これはつまり、中国で作ったものを海外で販売しやすくするためです。

日本円が円安に振れれば、それだけ輸出が増加するのと同じ原理ですね。

さあ、ここまでの成長を遂げてきた中国経済ですが、これからが本当の意味での正念場となるのではないでしょうか?