『はだかんぼうたち』もいいね。

代わる代わる登場人物の視点が変わり、少し複雑に感じましたが 読み始めるとおもしろくてどんどん読み進めていくことができました。 最初これは誰だったかなとか、時間軸はどうなっているんだろうとか とまどいもありましたが、中盤にはそれも気にならないくらいでした。 物語としてはおもしろいのだけれど、高校生の頃江國さんを 読んでいてすごく好きだなという気持ちはあまり 感じられなかったのが残念です。それはどうしてなのか少し 考えてみたんだけれど、登場人物たちにほとんど共感できなかった からかもしれない。しいていえば、桃・陽の母親に一番 共感できました。