東芝の株主が監査法人に対して訴え!

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

監査法人は企業の決算内容が適正かどうかを評価しなければいけない役割を担っています。いわゆる市場の番人と呼ばれる所以ですが、東芝の不正会計については明らかにその役割を担えなかったことは事実としてあります。

監査法人としては企業が不正な利益計上をしていれば、それをとがめなければいけない立場にありますが、その立場をしっかりと遂行できなかったことに対して、東芝の株主が監査法人に対して訴えを起こしているみたいですね。

<東芝>株主が「監査法人に115億円の賠償提訴を」 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

監査法人としてはおそらくこうした訴訟に対しては、主張を認めないと思いますが、実際に現場で会計をしていた会計士はの人たちはこの訴えをまっとうな訴えとしてとらえるのではないかと思います。

さらに、今後こうした東芝のような不正会計に対して法的な措置が取られなければ、また同じような事件が発生してしまうと思います。

監査法人は新日本監査法人ですが、今後の動向が気になりますね。