健康教育が社会保障費の負担軽減になる

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

昨今国の財政が破たん寸前だという事でやたらと問題として取り上げられることが多いですが、今後はさらに高齢者人口が増える事を考えると、さらに財政はひっ迫すると考えてもいいでしょうね。

さて、この問題を解決するために行政としてはいろんなことを考えているわけですが、そのうちの一つに健康教育というものがあります。

社会保障費がどんどん増えてしまうのは、寿命が延びたのはいいけれど、健康でない事が何よりの問題として認識しているからです。

健康であれば社会保障費は削減できるわけですから、考え方としては間違っていないと思います。

アメリカにおいては、以前からこの考え方を取り入れる事で、社会保障費がだいぶ減少したんだそうですね。

サプリメント先進国と言われるアメリカですが、栄養に関する教育を国民にしていったのが功を奏したようです。

日本においても最近は機能性表示食品の規制緩和などがありますが、これも一種の健康に対する意識向上に役立ち、ひいては財政負担の軽減につながるからと考えているからではないでしょうか?